ブログトップ

映画生活

cinemalife.exblog.jp

天使の柩(村山由佳)

天使の柩 (天使の卵)

村山 由佳 / 集英社

不覚にも泣いた…。

スコア:



『天使の卵』
『天使の梯子』
そして
『天使の柩』

歩太君、30歳過ぎちゃってるのですか?!?!
『天使の卵』読んだのはたぶん高校生くらいだよなぁ。
あの頃は、春妃と歩太君の恋の終わり方とか
歩太君と夏妃との関係性がどーなるのかなっては気になってた。

そして、『天使の梯子』で夏妃は真一君と出会って一歩進んだんかなぁ
なんて思って、歩太君はホントに大丈夫なのかなぁって気になって…。

そしてこの『天使の柩』

歩太君はより優しく、大きないい男になっていました。
なぜ、歩太君と出会う少女が14歳なのかってちょっと気になってた。
新しい恋人ができるとかそうではなくてなぜ子ども??と…。
終盤でその謎は解けますね。

この3冊読めば、歩太君の心の大きさというか深さが分るし、
彼が20年かけてようやく歩き出せたことに感動する。
ちょっと14歳の少女茉莉及び、茉莉周辺の人物がクズすぎるのが
ちょっと嫌だなって思った。

この人の作品、あんまり悪い人が出てこないから
気持ちよく読めてた部分があるのでね…。

まぁとにかく、みんな幸せになったのでよかった。
この調子で『おいコー』シリーズも気持ちのいいハッピーエンドに
なってくれたらと願うばかりです。
[PR]
# by cinema-life | 2013-12-05 21:28 | 単行本