ブログトップ

映画生活

cinemalife.exblog.jp

カテゴリ:洋画( 79 )

『悪の法則』

ネタバレしてます。(…かも)

エンドロールが流れた途端、
「へっ??(・_・)」ってなった。

状況の整理が頭の中で追いつかない。
何がどーなってどーしたの??
結局何??何なのこれ??

と、なります。

圧倒的に説明が少ない。
何がどーなってこの状況になってるのか、
だらーっとみてたらわからない。

とにかく、いろいろゆっくり考え直して出した答えとしては、
中途半端な悪はより大きな悪に食われてしまうってこと
なのでしょうかね…。
出来心なんかで麻薬の密売やっちゃだめですよってことです。

この映画、観ようと思ったきっかけは
ペネロペ・クルスが出てるから。

正直、チラシのあらすじ見てもよくわからなかったから、
どんな話なんだろうなーって思ってた。
ペネロペ観るために行くならやめた方がいい映画だね。

全然ペネロペの良さが出てません。
何かすごく純真な女の子になっちゃってるから物足りない。

それに引き替え、今回のキャメロン・ディアスはすごいぞ!!
この人、個人的には全然美人だと思わないんだけど、
今回は化粧の仕方と髪型がすごい好きだった。

いつものキャメロンっぽくなかったから
最初からすごく気になる存在だったんだ。
そしたらびっくり。
これ主役キャメロンやで。ww

何か映画自体はむーんって感じやったけど、
キャメロンに惹きこまれた点ではよかったのかも…。
[PR]
by cinema-life | 2013-12-05 21:41 | 洋画

『ネバーエンディング・ストーリー』

ネバーエンディング・ストーリー エクステンデッド版(初回限定生産) [Blu-ray]

ワーナー・ホーム・ビデオ

ファンタジー映画では名作中の名作だと思う。

スコア:



子どもの時から何度観ただろう。
大人になってからは全然観なくなったけど、
話は鮮明に覚えていた。

本が大好きなバスチアンが
「果てしない物語」を読み始め
どんどんその物語に入り込んでいく様子をみて
自分もどんどん物語に入り込んでいく感覚を持った。

子どもの時にずっと観ていたのは
吹き替え版だったので、
今回は吹き替えではないバージョンを観ようと思い、
字幕にしてみたのだが、
吹き替え版が馴染みすぎていたので違和感ありあり。

何でもかんでも字幕バージョンがいいって訳ではない。
吹き替えにも吹き替えの良さがあるってことを実感。

内容は安定して面白い。

何度観ても面白い、
先が分かっていてもハラハラドキドキする映画、
これこそ名作と言わずして何とする!!
って感じ。

『モモ』も観たくなってきたなぁ。
[PR]
by cinema-life | 2013-11-05 17:15 | 洋画

『50/50』

50/50 フィフティ・フィフティ [DVD]

Happinet(SB)(D)

あぁ、病気になるってこんな感じなんだなぁってじわじわくる。

スコア:



お酒もたばこもやらない。
車にも乗らない27歳のアダムは
ある日がんになる。

某テレビ局で8月末に行われる
偽善テレビ番組の中のドラマでは
ガンになった患者の家族や恋人は
とても献身的に世話をする。

だけど、ここでは彼女のキャサリンは
最初から尽くす気はない。
犬つれてくるもんね。

親友のカイルは今までのようにいい加減な感じで接してる。
だけどもその陰で、ちゃんとアダムを支えようとしてる。

実際、こんなもんなんだろうなぁって思う。
初めは明るくふるまうアダムも徐々に死への恐怖に
押しつぶされていったり、
彼女のキャサリンも支えるとは言いつつ離れていく。
キャサリンの気持ちも理解できなくはないな。と思ったり…。

アダムのガン闘病生活を描いた映画というよりは、
アダムを取り巻く人々の心情を描いた映画って感じ。
[PR]
by cinema-life | 2013-10-14 17:06 | 洋画

『終戦のエンペラー』

アメリカが作った戦争関連の映画としては
非常にちゃんとしたものだったと思う。
(かなり上から目線だが…)

深いことを考えるにはもう一度観る必要があるかな。

とにかく、若者は観るべきかな。
観て、いろいろ考える必要があると思う。

戦争の事とか、天皇陛下のこととか。

この手の作品はうまくレビューがまとめられないな…。
[PR]
by cinema-life | 2013-09-03 21:58 | 洋画

『ファイトクラブ』

ネタバレありです。

ファイト・クラブ [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

10年ぶりくらいに観た。

スコア:



中学生の頃、すごくブラッド・ピットが好きだった時があった。
その時にたまたまBSかなんかでやってたこの作品を観た。

その時はこの作品を理解できるだけの読解力がなかった。
だから、観終ってもあんまりよくわからないっていうのがあった。

そして、10年ほどの年月を経て、再び鑑賞してみたところ…。
こーゆう話なのね。っていうのは理解した。

ブラッド・ピットはエドワート・ノートンの内面の人物で、
ノートンがなりたいと思ってる人物像だったってわけで。

人びとの内面にある暴力性ってのがよく表れてるよね。
普段は普通の生活してる人たちが夜な夜な殴り合うなんて。
でも、正直、今回観てもそれ以上のものが感じ取れなかった。
いったい何が言いたいんだろうか…。

時間つぶし程度の感覚で見始めたのがよくなかったのかな??
結局どーしたらいいんだ??感が残ってしまって…。

いろんな人のレビューをざっと見たところ、
かなりの高評価である。
私、意外にデイビッド・フィンチャーの映画観てるんだ。
面白くないとは思ったことない。
だけど、具体的にその面白さとかを言えるまでの
理解度はない。

次は、むしゃくしゃした時に観てみよう。
[PR]
by cinema-life | 2013-07-31 10:54 | 洋画

『華麗なるギャツビー』

原作なんて知らない、
レッドフォード版なるものがあることすら知らない。
ストーリーも映画の評価も知らない。
そんな真っ白な状態で観た。

正直、観終った時に、
「なんだかなぁ…。」って気分になってしまった。

登場人物に全く共感できなかった。

ギャツビーが人生をかけて手に入れようとした
デイジーにまず魅力を感じなかった。

これは完全に私の好みに合わなかっただけ。

そして、ギャツビーという男が
ただの愚かな奴にしか見えなくて…。

自分勝手な態度にイライラしてしまった。

なので、彼らが結ばれないことが
悲しくもなんともないっていうね…。

共感できないっていうのはなかなか
映画を観るにあたっては辛いね。

あと、ディカプリオは若い時の方が好き。
[PR]
by cinema-life | 2013-06-30 10:07 | 洋画

『スノーホワイト』

ネタバレありです。

スノーホワイト [DVD]

ジェネオン・ユニバーサル

笑っちゃう内容。

スコア:



いろんな意味で面白かった。

クリステン・スチュワートって最近知ったけど
『パニックルーム』の子役なんですよね??

どうしたらこんなに演技が下手になってしまうのか…。
とにかく、口が開きっ放しなのが気になる。
外国人の俳優さんの演技で確信を持って
へたくそだと思えたのは初めてだ。

いやぁすごい破壊力のある映画だ。

途中『もののけ姫』っぽいところがいくつかあって笑える。
そして何よりシャーリーズ・セロンが美しい。
スノーホワイト負けてしまってる。

後、王子様のキスで目覚めるスノーホワイトなんですが…、
ウィリアムじゃないのね…。ウィリアム残念。
[PR]
by cinema-life | 2013-05-12 12:14 | 洋画

『ラスベガスをぶっつぶせ』

ラスベガスをぶっつぶせ [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

なかなか痛快でよろしい。

スコア:



映画館で観て以来だから結構久々の鑑賞。

ストーリーの流れとしては非常に単純。
ラスベガスでカウントというブラック・ジャック攻略法をつかい
荒稼ぎをしていた学生が、身を滅ぼしていく話。

まぁ、身を滅ぼすといっても
酒やドラッグとは違う方向。

主人公のベンは
学費の為としてこのカウントによる荒稼ぎを行う。
しかし、徐々に大学での味気ない生活より、
ラスベガスにおける非日常にハマっていき溺れていく。

当然、映画としてここからの逆転劇がないと話にならない。
その逆転劇は、先が読める感じで進んでいくが、
最終的には笑って終われるようになっている。

軽い感じで観たいときにはいい作品。
[PR]
by cinema-life | 2013-05-12 11:24 | 洋画

『バーレスク』

バーレスク [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

ライブを楽しめ!!

スコア:



バーレスクのサントラをずっと聴いてたら
映画も見たくなったので久々の鑑賞。

ストーリーよりも
クリスティーナ・アギレラのパフォーマンスを重視。

しかし、シェールは惹きつける力が全然違うな。

サントラの中でも自分的に好きな曲はシェールの歌う
『Welcome to Burlesque』と
『You Haven't Seen The Last Of Me』だ。

サントラでは歌詞まではわからないけど、
映画では字幕が出るから
どんな気持ちを歌っているのかわかる。

すると…、『You Haven't …』では鳥肌もの。
シェールの気持ちがズンって伝わってくる。

ミュージカル映画、嫌いだとか言ってるくせに
わりと好きな作品が多いというね…。
何だこのツンデレは。ww

とにかく、この作品は絶対にストーリー中心に
観てはいけない。
PVを観る感じでみるべし。
[PR]
by cinema-life | 2013-04-30 21:02 | 洋画

『赤いアモーレ』

赤いアモーレ [DVD]

メディアファクトリー

ふーん。。。

スコア:



バイク事故を起こした少女が
病院に担ぎ込まれた。

同じ病院で外科医をする彼女の父ティモーテオは
娘が瀕死だと聞き、愕然とし、
ふと15年前に失った愛の出来事を思い出し始める。

ある夏の日、ローマ郊外の貧しい街で
往診の帰りに車の故障に見舞われたティモーテオは
そこに住むイタリアと運命の出会いを果たす。

最初は衝動的にイタリアを抱いたティモーテオだが、
その後も彼女との密会を重ねるようになった。

=========================

久しぶりにペネロペ・クルスの美しさに酔いしれようと思い、
気になってたこの作品を観てみたのだが…。
全然ペネロペきれいじゃない…。
貧しい労働者階級だからなんだろうけど。
演技力だと思えばいいんだけど、
やっぱりきれいなペネロペを観たかったから少し残念。

さて、内容についてだが、
良い評価をちらほらみていたので、
少し期待してたのだけど、
なんだかすごく身勝手な主人公だなって思った。

ってか、それしか思わなかった。

すべての言動が自分本位で、
イタリアもだけど、奥さんがめっちゃ気の毒に思える。

そもそも浮気をする男の気持ちが全く理解できないし、
そこから本気になって、
本気になったくせに奥さんの妊娠で揺らぐ。
なにそれ??って思う。

感動もしないし、なんか男の人が嫌いになりそうだから、
あまりこの手の作品は観ないようにしたいかも…。

ダメ男がどんどん落ちていく系なら楽しんでみるのだけどね。ww
[PR]
by cinema-life | 2013-03-30 12:21 | 洋画