ブログトップ

映画生活

cinemalife.exblog.jp

檸檬(梶井基次郎)

檸檬

梶井 基次郎 /

高校の授業以来。

スコア:



太宰治と並ぶ、私の読まず嫌い作家。

梶井基次郎の檸檬と言えば、
多くの高校生が国語の授業で出会う作品。
私も高校生の時、授業でやった。

その時は、訳が分からなかった。
明治から昭和にかけての文学作品って
なぜにこんなにみんな神経病んでるのか…。

病んでることが若者のステータスなのかと思うほど、
「不吉な塊」に押しつぶされそうになってたり、
肺を患っていたり…。

元気な奴はいないのか!!
とばかり考えてしまって、全然感情移入できなかったし、
丸善での彼の行動も何してんだ??って感じで冷めてみてた。

そして、何年ぶりかにこの本を読んで、
あの頃これを読んで共感できなかったのは何でだろう??って思った。
よっぽど何も考えてないバカだったんだろうなって結論に至った。

何も考えてなかったから不安とか焦燥感とかそういった感情が
理解できなかったんだろうなと…。

今回も読みだしたタイミングが悪かったかも。
将来の道筋がしっかり見えた今の状態で読んだので
やっぱり共感って部分はなかった。

でも、昔読んだ時のような「わけわかんねーからもういい。」
って感じはなくて、「何かいいね。」って思えるようになってる。
[PR]
by cinema-life | 2013-10-08 19:56 | kindle本
<< 高瀬舟(森鴎外) 人間失格(太宰治) >>