ブログトップ

映画生活

cinemalife.exblog.jp

人間失格(太宰治)

人間失格

太宰 治 /

25歳で読むものではなかった。

スコア:



言わずと知れた名作(??)

この本を知らない人はいない。
くらい有名なこの本ですが、
実は全部読んだことがなかったのです。

太宰治の作品はほとんど読まず嫌いで、
手を付けていなかった。

だけど、やっぱり読んだことがないっていうのは、
恥ずべきことかなと思い、読み始めたわけなんですが…。

太宰なんかは10代のうちに読んでおくべきだと、
母親が言っていたのを読み始めてすぐ思い出した。

まさしく!!って感じですよね。

ただの中二病の男の話やん。
とりあえず、働いて体動かせって思ってしまった。

思春期まっただ中に一度読んでいて、
この年で再び読めば、また違った感じ方ができて
面白いかもしれなかったが…。

名作と言われる作品であるのに、
それを楽しめないっていうのはちょっともったいなかったな。

子どもの時に訳が分からなくても
いろんな作品を読んでおくことって大事だなと感じた。
[PR]
by cinema-life | 2013-10-08 19:38 | kindle本
<< 檸檬(梶井基次郎) 『終戦のエンペラー』 >>